メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良

被爆手記再刊「記憶を未来に」広島出身の男性が奔走

奈良県の被爆者たちが残した体験記を再び刊行しようと奔走する入谷方直さん。「被爆者の記憶がより多くの人の目に触れるようになってほしい」と願う=奈良市で2018年5月30日、佐藤英里奈撮影

 12年前に解散した奈良県の被爆者団体に所属していた被爆者たちの被爆体験記を集め直し、改めて刊行しようと、奈良市に住む広島出身の男性が奔走している。被爆者の高齢化が進み、体験談を直接聞くことが年々難しくなる中、「被爆者たちの記憶を未来につなげたい」と意気込む。【佐藤英里奈】

 団体職員の入谷方直(まさなお)さん(45)。自身は1歳のころに広島を離れたが、被爆死した親族がいることもあり、以前から被爆者運動に共感を持っていた。それだけに、2006年に奈良県原爆被害者の会「わかくさの会」が高齢化などを理由に、日本原水爆被害者団体協議会の傘下組織として最初に解散した時はショックを受けた。

 約5年前、仕事で広島の仏像を修理する機会があった。「奈良にいても広島のために何かできるのではないか…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです