国交省

JR北に400億円経営支援 経営改善へ監督命令

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国土交通省は27日、JR北海道に2019~20年度の2カ年で400億円台の経営支援を表明するとともに、経営改善を求める監督命令を出した。国交省は2カ年を「集中改革期間」と定め、抜本的な利用促進やコスト削減に取り組むよう求めた。営業赤字が続くJR北は支援と引き換えに、短期間で改革の成果を出せるか問われる。

 「経営自立のためには、JR北が不退転の覚悟を持って収益の増加とコスト削減に取り組み、徹底した意識改革と経営努力を行っていくことが重要だ」

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文645文字)

あわせて読みたい

注目の特集