メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風12号

異例の進路に警戒呼び掛け 29日東海上陸か

豪雨で土砂が大量に押し寄せた自宅に窓を取り付ける西谷伸弘さん(右)と家族。泥を取り除こうと一度窓を外していたが、台風が接近しているため再び取り付けることにしたという=広島県坂町で2018年7月27日午後6時12分、久保玲撮影

 強い台風12号は27日、発達しながら日本の南海上を北上した。28日午後にも関東に接近し、その後西寄りに進路を大きく変え、29日明け方までに東海か近畿付近に上陸する見込み。今後、西日本豪雨の被災地を含め広範囲で非常に激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、例年、夏場は東へ進む台…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、両腕かまれ軽傷 滋賀

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです