メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覚醒剤事件

被告に無罪判決 さいたま地裁、証拠能力否定

 さいたま地裁(結城剛行裁判官)は27日、覚せい剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われた埼玉県春日部市の男性会社員(45)に無罪(求刑・懲役4年)の判決を言い渡した。県警の警察官による所持品検査がきっかけで罪が発覚したが、地裁は「所持品検査の必要性はさほど高くなかった」とし、違法に収集された証拠だとして証拠能力を否定した。

 男性は昨年11月26日、さいたま市内のゲームセンターで覚醒剤所持容疑で現行犯逮捕され、尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たとして、所持と使用の罪で起訴された。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. 大阪都構想反対の市民団体が発足 自民や立憲との連携も模索

  3. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  4. 「幻の橋」美しいアーチ見納め? 損傷進むタウシュベツ川橋梁 旧国鉄士幌線

  5. 滋賀のアイドル「フルーレット」が30日解散 コロナで延期の卒業ライブ中止 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです