メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対談

谷川九段と杉本七段 「これからの将棋」テーマに

関西プレスクラブの交流会で谷川浩司九段(右)と杉本昌隆七段(左)の対談にビデオ出演した藤井聡太七段=大阪市北区で2018年7月27日午後7時11分、木葉健二撮影

 関西プレスクラブの交流会が27日、大阪市北区であり、将棋の谷川浩司九段(56)と史上最年少の14歳2カ月でプロ棋士になった藤井聡太七段(16)の師匠、杉本昌隆七段(49)が「将棋界のこれから」をテーマに対談した。

 藤井七段と同様、中学生でプロになり、21歳の史上最年少名人の記録を持つ谷川九段は「藤井七段の登場で将棋のイメージが上がり、子どもの将棋ファンも増えた。あと5年ぐらいたてば、藤井七段の下の世代からもプロになりたいという子が出て来るのでは」と期待…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  4. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口塞ぎ 妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです