メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

孤立集落 命綱の山道、炎天下の往復 東広島

幅1メートルほどしかない狭い山道を一輪車を押して通る坪見博文さん=東広島市河内町で2018年7月25日、池田一生撮影

 西日本豪雨の発生から27日で3週間。土砂崩れなどで12人が死亡し、1人が行方不明となった広島県東広島市では現在も道路が寸断され、孤立状態の集落がある。山間の同市河内(こうち)町にある大和原、野々原両地区。高齢者が多いが、集落から出るには足場の悪い山道を歩かねばならず、炎天下の往復に住民は疲労感を募らせている。【池田一生、小西雄介】

 計12世帯26人が暮らす両地区周辺では6日夜の豪雨で川沿いの県道が少なくとも4カ所が崩落し、集落が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです