メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫干請求異議訴訟

制裁金の返還請求も 30日控訴審判決

諫早湾潮受け堤防=長崎県諫早市で2018年5月、本社ヘリから森園道子撮影

 国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)を巡り、堤防開門を強制しないよう国が漁業者に求めた請求異議訴訟の控訴審判決が30日、福岡高裁(西井和徒裁判長)で言い渡される。判決は開門を命じた福岡高裁判決(2010年確定)を無効化して国の請求を認める内容になる見通しで、今後は国側が確定判決に従わず漁業者側に支払ってきた制裁金を「不当利得」として返還請求する公算が大きい。

 開門しない国に科す制裁金を巡っては佐賀地裁が14年4月、開門するまで漁業者1人当たり1日1万円を支…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 歌舞伎公演も「働き方改革」 4月から休演日設定へ 松竹発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです