メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
諫干請求異議訴訟

制裁金の返還請求も 30日控訴審判決

諫早湾潮受け堤防=長崎県諫早市で2018年5月、本社ヘリから森園道子撮影

 国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)を巡り、堤防開門を強制しないよう国が漁業者に求めた請求異議訴訟の控訴審判決が30日、福岡高裁(西井和徒裁判長)で言い渡される。判決は開門を命じた福岡高裁判決(2010年確定)を無効化して国の請求を認める内容になる見通しで、今後は国側が確定判決に従わず漁業者側に支払ってきた制裁金を「不当利得」として返還請求する公算が大きい。

 開門しない国に科す制裁金を巡っては佐賀地裁が14年4月、開門するまで漁業者1人当たり1日1万円を支…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1409文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです