メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫干請求異議訴訟

制裁金の返還請求も 30日控訴審判決

諫早湾潮受け堤防=長崎県諫早市で2018年5月、本社ヘリから森園道子撮影

 国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)を巡り、堤防開門を強制しないよう国が漁業者に求めた請求異議訴訟の控訴審判決が30日、福岡高裁(西井和徒裁判長)で言い渡される。判決は開門を命じた福岡高裁判決(2010年確定)を無効化して国の請求を認める内容になる見通しで、今後は国側が確定判決に従わず漁業者側に支払ってきた制裁金を「不当利得」として返還請求する公算が大きい。

 開門しない国に科す制裁金を巡っては佐賀地裁が14年4月、開門するまで漁業者1人当たり1日1万円を支…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1409文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです