三反園知事2年

「脱原発」選挙の方便か 県民厳しい視線

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鹿児島県の三反園訓知事=杣谷健太撮影
鹿児島県の三反園訓知事=杣谷健太撮影

 「脱原発」を掲げて2016年7月の鹿児島県知事選で初当選した三反園訓(みたぞのさとし)知事は28日、就任から2年を迎えた。就任直後こそ九州電力に川内(せんだい)原発(同県薩摩川内市)の即時停止を要請するなどしたが、わずか半年後には稼働継続を容認。1期目の折り返しを迎えても「脱原発」への姿勢はトーンダウンしたままで、県民からは厳しい視線が向けられている。

 「会う必要がある内容があり、公務が空いていればお会いする」。27日に鹿児島県庁であった定例記者会見で、6月末に就任した九電の池辺和弘社長と面会していない理由を問われると、三反園知事は表情を硬くした。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文756文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集