メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州ニュースアラカルト

ゲノム編集は「遺伝子組み換え」 想定外の判決が広げる波紋

欧州委員会の建物前で、遺伝子組み換え作物の利用に反対する環境保護団体「グリーンピース」のメンバー=ベルギー・ブリュッセルで2005年12月2日、AP

 生物の細胞の中にある遺伝子を自在に書き換えることを可能にした「ゲノム編集」は、未来を変えうる革命的な技術だ。この新しい手法で開発した作物について、欧州連合(EU)の欧州司法裁判所は今月25日、原則として従来の遺伝子組み換え作物(GMO)の規制の対象とすべきだとの判断を示した。世界でも厳しいEUのGMO規制から除外されることを望んでいた研究者やバイオ業界の間では、欧州が植物の品種改良の最前線から後退しかねないと落胆が広がっている。

 ゲノム編集は、特定の遺伝子を狙って破壊したり、外から新しい遺伝子を組み込んだりする操作を容易にした技術だ。狙った場所に新たな遺伝子を組み込むのに「偶然」に頼るしかなかった従来の遺伝子組み換え技術に比べ、ピンポイントで狙い通りの改変を起こす確度を飛躍的に高めた点に最大の特徴がある。

 現在の主流である「クリスパー・キャス9」と呼ばれるゲノム編集技術は、発表から6年しかたっていないが、簡単で成功率が高く、さまざまな生物に適用できることで爆発的に普及した。ノーベル賞受賞も時間の問題だとされる。開発者でカリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授は、その特徴を「ゲノム(全遺伝子を含むDNAの総体)を、まるでワープロで文章を編集するように、簡単に書き換えられる」と著書で例…

この記事は有料記事です。

残り2084文字(全文2642文字)

八田浩輔

ブリュッセル支局 2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。Twitter:@kskhatta

八田浩輔

2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです