メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

馬木葉クラブ

障害者が動物の世話 心身癒やし、仕事にやりがい 釧路の就労支援施設 /北海道

 釧路町の障害者就労支援施設「馬木葉クラブ」で、知的障害者たちが馬やヤギなど動物の世話をしている。心の病や体の障害を癒やすアニマルセラピー(動物介在療法)の効果が期待できる上、併設の乗馬クラブや、動物のふん尿を使った堆肥(たいひ)作りの仕事にもつながっている。

 「動物が喜んでくれたら、僕もうれしい」。知的障害がある加藤孝二さん(64)は、ポニーの厩舎(きゅうしゃ)を毎日掃除している。「スコップ持ってきて」などと、指示をしながら協力して作業する姿をスタッフは静かに見守る。

 施設には約20人の障害者が通う。厩舎の掃除や餌やり、寝床の手入れなど動物の世話は通所者とスタッフが…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文598文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. 神戸市 日本初の「こうべ花時計」 最後の花の植え替え
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです