メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

馬木葉クラブ

障害者が動物の世話 心身癒やし、仕事にやりがい 釧路の就労支援施設 /北海道

 釧路町の障害者就労支援施設「馬木葉クラブ」で、知的障害者たちが馬やヤギなど動物の世話をしている。心の病や体の障害を癒やすアニマルセラピー(動物介在療法)の効果が期待できる上、併設の乗馬クラブや、動物のふん尿を使った堆肥(たいひ)作りの仕事にもつながっている。

 「動物が喜んでくれたら、僕もうれしい」。知的障害がある加藤孝二さん(64)は、ポニーの厩舎(きゅうしゃ)を毎日掃除している。「スコップ持ってきて」などと、指示をしながら協力して作業する姿をスタッフは静かに見守る。

 施設には約20人の障害者が通う。厩舎の掃除や餌やり、寝床の手入れなど動物の世話は通所者とスタッフが…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文598文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏休み 「気持ちいい」首相が森、小泉元首相らとゴルフ
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです