特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 久保利明王将-広瀬章人八段 第3局の2

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

不気味なと金

 久保は22分の考慮で[先]6六歩と突いた。[先]6七銀に代えて[先]5七銀と4六歩を守るのは[後]3五銀[先]6五歩[後]4二金寄[先]5六銀[後]6六銀が局後の検討。本譜は歩を取らせて軽くさばく方針だったが「序盤は失敗している」と久保。どこかで誤算があったようだ。

 午後3時を過ぎ、関西将棋会館の棋士室には棋士や奨励会員の姿が増え、本局を口頭で検討する声が聞こえ始めた。

 [先]7五歩は意表の仕掛け。[後]同歩には[先]5四飛が好手と井上慶太九段。次の[先]7四飛が受けづらく、[後]7六歩[先]6六角[後]7七歩成[先]同桂として[先]7四飛に[後]7三歩を用意する進行が一例だ。先手が手順に駒を進めているが飛車へのあたりが強く、感想戦では「この順のほうが後手の方針がわかりやすい」とされた。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文822文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集