メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども高野山夏季大学

ムササビはどこにいる? 目を見張る夜の滑空観察会 /和歌山

暗闇の中、ムササビを探す子供たち=和歌山県高野町で、望月亮一撮影

 第12回こども高野山夏季大学(毎日新聞社主催、雪印メグミルク特別協賛)で28日に行われた「阿字観(あじかん)」体験。子供たちは日常を離れた瞑想(めいそう)の世界で自分の心を見つめた。

 子供たちは大師教会本部の大講堂で、高野山真言宗総本山金剛峯寺の三浦秀音・教化課長(38)から、あぐらのような座り方で両手を組み合わせるなどの姿勢を教えてもらい、「あ」の音を長く延ばす独特の発声で呼吸を整えた。「自分や家族、友達などいろんな人たちを思って瞑想してください」との説明を聞き、半ば目を閉じて座り続けた。

 京都府宇治市の池田悠大さん(6年)は「病気のおばあちゃんや同じグループの友達のことを思った。終わる…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです