交流施設「イコラ」

すさみに完成 貸しスペース整備、カフェなど入居 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
紀州材を使った広いテラスがある多世代交流施設「イコラ」=和歌山県すさみ町周参見で、藤田宰司撮影
紀州材を使った広いテラスがある多世代交流施設「イコラ」=和歌山県すさみ町周参見で、藤田宰司撮影

 子育てや健康相談、趣味の集いなど幅広い活動に気軽に使える多世代交流施設「イコラ」がすさみ町周参見に完成した。紀州材をふんだんに使った広いテラスや休憩所があり、タイのコーヒーチェーン店なども入居する。30日に完成式典があり、利用が始まる。

 2017年4月に高台へ移転した周参見保育所の旧施設を有効活用するため、町が約2億180万円かけてリニューアルした。

 建物の前面に県産スギを使った大屋根とえんがわテラス(430平方メートル)を設け、外壁や屋根は濃い茶色で統一した。庭は、テラスと合わせて野外イベントに使えるように芝生を敷き詰めた。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文540文字)

あわせて読みたい

注目の特集