メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

1年 地域の防災力高めよう 避難や復興、識者ら意見交換 南区でシンポ /福岡

 九州北部豪雨から1年が経過したことに合わせ、地域の防災力を考える「地区防災シンポジウム」が28日、南区の九州大大橋キャンパスであり、研究者らによる報告やパネルディスカッションを、市民や行政関係者ら約120人が聴き入った。

 地域住民らによる主体的な防災計画づくりを推進している「地区防災計画学会」などが主催。安全な避難やより良い復興について意見が交わされた。

 学会会長の室崎益輝・兵庫県立大教授は最近の災害の傾向として、避難所に行かず自宅2階や親戚宅に身を寄せるなどの「見えない被災者が増えている」と指摘。矢守克也・京大防災研究所教授は「役場指定の避難所は絶対安全を重視するあまり、遠過ぎることがよくある。集落内で次善の避難場所を作っておくべきだ」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです