メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

1年 地域の防災力高めよう 避難や復興、識者ら意見交換 南区でシンポ /福岡

 九州北部豪雨から1年が経過したことに合わせ、地域の防災力を考える「地区防災シンポジウム」が28日、南区の九州大大橋キャンパスであり、研究者らによる報告やパネルディスカッションを、市民や行政関係者ら約120人が聴き入った。

 地域住民らによる主体的な防災計画づくりを推進している「地区防災計画学会」などが主催。安全な避難やより良い復興について意見が交わされた。

 学会会長の室崎益輝・兵庫県立大教授は最近の災害の傾向として、避難所に行かず自宅2階や親戚宅に身を寄…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです