特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

甲子園で校歌を

藤蔭28年ぶり夏の挑戦/上 打球の進化 スイング改善&パワーアップ /大分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「大会の反省をして考えながら打て。低いヒットになるような打球だ」。原秀登監督から指示が飛ぶ。夏の甲子園出場を決めた2日後の27日。藤蔭の選手たちは、バッティングマシンから出されるボールをとらえようと、鋭いスイングを繰り返した。「集中!」。熊懐(くまだき)郁祐主将(3年)を中心に選手たちから自然と気合の言葉が出る。甲子園に出発する直前まで、打撃練習の手を緩めるつもりはない。

 この1年で「守備重視」が「打」のチームに生まれ変わった。きっかけは昨秋の県選手権支部予選。相手はくしくも今大会決勝と同じ柳ケ浦だった。上間永遠投手(当時2年)の直球をはじき返せない。凡打の山を築き1-2で惜敗。打力不足を痛感した。折しもエース候補が利き腕の右肘の違和感に苦しめられ、投手陣に暗雲が漂っていたときだ。「打って勝つしかない」。藤蔭の挑戦が始まった。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文988文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする