メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊手術 個人資料37人分確認 県内初、文書センターなど /宮崎

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの強制不妊手術を巡り、県は27日夜、県文書センターなどで計37人の個人が特定できる3冊の資料が見つかったと発表した。資料には手術を受けさせられた25人と手術決定と判断された11人の氏名などが載っている。県内で個人が特定できる資料が確認されたのは初めて。うち2冊については、職員が独断で閲覧申請用の検索リストから削除していた。

 県健康増進課によると、資料はセンターで2冊、センター移管前の文書を保管する書庫で1冊見つかった。セ…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文702文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  5. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです