村上春樹氏

寄稿 胸の中の鈍いおもり 事件終わっていない オウム13人死刑執行

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
地下鉄築地駅から地上に出て倒れたサリン中毒症の乗客を救助する救急隊員=東京都中央区築地で1995年3月20日、本社ヘリから山下浩一撮影
地下鉄築地駅から地上に出て倒れたサリン中毒症の乗客を救助する救急隊員=東京都中央区築地で1995年3月20日、本社ヘリから山下浩一撮影

 オウム真理教の元幹部ら13人の死刑が今月執行されたのを受け、作家の村上春樹さん(69)が毎日新聞に文章を寄せた。1995年の地下鉄サリン事件に衝撃を受けた村上さんは、被害者や遺族へのインタビューを著作にまとめ、裁判の傍聴を重ねるなど、深い関心を寄せ続けてきた。「胸の中の鈍いおもり」と題する寄稿で、刑の執行への複雑な思い、裁判での印象、残された課題について率直につづっている。

この記事は有料記事です。

残り4385文字(全文4574文字)

あわせて読みたい

注目の特集