メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危険なゲーム

岐路のパキスタン外交/上 タリバンと決別困難 反米世論/新政権・軍、アフガン友好重視

マドラサ内を案内するアブドル・アジーズ師=イスラマバードで22日

 「(国際テロ組織アルカイダを率いた)ウサマ・ビンラディンはテロリストではなく殉教者だ。イスラムを守るためならば、市民が犠牲になってもやむを得ない」。イスラマバード中心部で、マドラサ(イスラム教宗教学校)を運営するアブドル・アジーズ師は静かに語り出した。

 閑静な地区の一角にあるマドラサでは、5歳から20歳過ぎまでの男女約5000人が寄宿生活を送りながら学ぶ。大半は地方出身の貧困層だ。敷地内では増築作業が進み、建設業者が慌ただしく資材を運んでいた。

 パキスタンは、アフガニスタン国境での過激派掃討で米国に協力すると同時に、米と敵対するアフガンの旧支…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1364文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  4. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです