メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危険なゲーム

岐路のパキスタン外交/上 タリバンと決別困難 反米世論/新政権・軍、アフガン友好重視

マドラサ内を案内するアブドル・アジーズ師=イスラマバードで22日

 「(国際テロ組織アルカイダを率いた)ウサマ・ビンラディンはテロリストではなく殉教者だ。イスラムを守るためならば、市民が犠牲になってもやむを得ない」。イスラマバード中心部で、マドラサ(イスラム教宗教学校)を運営するアブドル・アジーズ師は静かに語り出した。

 閑静な地区の一角にあるマドラサでは、5歳から20歳過ぎまでの男女約5000人が寄宿生活を送りながら学ぶ。大半は地方出身の貧困層だ。敷地内では増築作業が進み、建設業者が慌ただしく資材を運んでいた。

 パキスタンは、アフガニスタン国境での過激派掃討で米国に協力すると同時に、米と敵対するアフガンの旧支…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1364文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  4. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  5. スリランカ連続爆破テロ ISに呼応か 実行組織のハシュミ指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです