メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯百景

/7 薩摩島津家の歴史感じて

殿様湯を切り盛りする今林和子さん(左)と美智子さん。若々しいのは「温泉の効能でしょう」と和子さん=鹿児島県指宿市の二月田温泉殿様湯で2018年6月、川畑さおり撮影

 鹿児島県指宿市に、江戸時代に薩摩藩を治めていた島津家の別荘跡で営業する銭湯がある。建物裏に現存する殿様専用の風呂跡は1971年に市指定文化財に登録された。当時のまま残るタイルや石造りの浴槽は歴史を感じさせる。

 ●指宿の温泉を使い

 鹿児島市の中心部から車で約1時間。JR二月田(にがつでん)駅からほど近い指宿市西方の「二月田温泉殿様湯」は、その名の通り、この地に湧き出る温泉がお湯に使われている。鹿児島県公衆浴場業生活衛生同業組合によると、組合に加入している70軒のうち62軒の銭湯のお湯が温泉。県内に2700以上の源泉がある全国有数の温泉地ならではだ。

 殿様湯の目の前にある自宅で迎えてくれたのは、今林和子さん。「お客さんと話すのはぼけ防止になります」…

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文1995文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです