メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/353 第9章 33=高村薫 田中和枝・挿画監修

 午後、合田は長谷川管理官からの電話で上田亜沙子の聴取の結果を聞く。今日は予想以上に相手の体調が悪く、十分な聴取はできなかったらしいが、亜沙子は自分が栂野節子の手紙を見たのは二○○八年の三月だと繰り返すに留(とど)まった。もっとも亜沙子は、いずれかの時点で娘の犯行を疑うに至ったのではないかというのが、現時点での特命班の心象だ。

 何はともあれ、お疲れさまでした。どうぞよいお年を。スマホで年末の挨拶(あいさつ)をした後、合田は年…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文989文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです