メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/353 第9章 33=高村薫 田中和枝・挿画監修

 午後、合田は長谷川管理官からの電話で上田亜沙子の聴取の結果を聞く。今日は予想以上に相手の体調が悪く、十分な聴取はできなかったらしいが、亜沙子は自分が栂野節子の手紙を見たのは二○○八年の三月だと繰り返すに留(とど)まった。もっとも亜沙子は、いずれかの時点で娘の犯行を疑うに至ったのではないかというのが、現時点での特命班の心象だ。

 何はともあれ、お疲れさまでした。どうぞよいお年を。スマホで年末の挨拶(あいさつ)をした後、合田は年内最後の心臓の定期検診に出てきた判事を榊原記念病院に迎えにゆき、昨日に続いて今日もおまえと同行二人か、まったく雹(ひょう)が降るな、半病人が何を言うか、などと悪態をつきあう。次いで、雹のついでにケーキでも食おうか? 合田は思い付きの提案をしており、判事は槍(やり)が降ると呆(あき)れ顔になったが、一…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです