メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『言葉の魂の哲学』=古田徹也・著

 (講談社選書メチエ・1836円)

言葉を選択する行為に「倫理」が必要

 最近の国会や大学、スポーツ界では、言った言わない、会った会わない、記憶にないといった言葉が乱れ飛んでいる。どう考えてもウソとしか思えないことを平然と口にする人もいる。そういう局面に出会う度に、私たちは言語不信に陥る。もう一度言葉とはなにかを考えてみる必要があるだろう。

 本書は、その私たちの不満を一気に霧散させる快著である。一見難しそうに見えるが、簡潔平易、具体的でわ…

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです