メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

渡辺保・評 『言葉の魂の哲学』=古田徹也・著

 (講談社選書メチエ・1836円)

 最近の国会や大学、スポーツ界では、言った言わない、会った会わない、記憶にないといった言葉が乱れ飛んでいる。どう考えてもウソとしか思えないことを平然と口にする人もいる。そういう局面に出会う度に、私たちは言語不信に陥る。もう一度言葉とはなにかを考えてみる必要があるだろう。

 本書は、その私たちの不満を一気に霧散させる快著である。一見難しそうに見えるが、簡潔平易、具体的でわかりやすい。 まず中島敦の小説「文字禍」とホーフマンスタールの「チャンドス卿の手紙」を取り上げて言語不信の実態を描いた後、言語哲学の原点ウィトゲンシュタイン、最後にカール・クラウスの言語論をやさしく分析する。 言葉には、それを聞いた人間がピッタリだと感じる言葉と、空疎あるいは違和感を感じる言葉がある…

この記事は有料記事です。

残り1128文字(全文1480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです