メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『西行 わが心の行方』=松本徹・著

 (鳥影社・1728円)

身体を通して人と歌の全体つかむ

 名著である。

 西行をめぐる著作は多い。新たに書くにはその理由がなければならない。本書においてはそれが「身体」である。いわば西行の身体を通して人と歌の全体をつかもうとし、それに成功している。

 冒頭、白河院が建てた、いまは幻の八角九重塔の姿が描かれ、院政期の華やかさが提示される。権力者は彼岸の光景をこの世に見ようとしたのだ。筆は、その勢いのまま鳥羽離宮の勝光明院跡に向かう。現実に京都駅からタクシーに乗り、鳥羽離宮跡公園で降りるのである。現地探訪。むろん昔日の面影はない。離宮の金剛心院があったあたりは連れ込みホテルになっている。歩き続けた著者は白河天皇御陵の前に立ちつくす。空から高速道路の走行音がシャワーのように降ってくる。

 歌枕を訪ねる紀行は少なくないが、本書は独特。生身の身体を使っているからだ。移動は基本的に電車であり…

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです