特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

三浦雅士・評 『西行 わが心の行方』=松本徹・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (鳥影社・1728円)

身体を通して人と歌の全体つかむ

 名著である。

 西行をめぐる著作は多い。新たに書くにはその理由がなければならない。本書においてはそれが「身体」である。いわば西行の身体を通して人と歌の全体をつかもうとし、それに成功している。

 冒頭、白河院が建てた、いまは幻の八角九重塔の姿が描かれ、院政期の華やかさが提示される。権力者は彼岸の光景をこの世に見ようとしたのだ。筆は、その勢いのまま鳥羽離宮の勝光明院跡に向かう。現実に京都駅からタクシーに乗り、鳥羽離宮跡公園で降りるのである。現地探訪。むろん昔日の面影はない。離宮の金剛心院があったあたりは連れ込みホテルになっている。歩き続けた著者は白河天皇御陵の前に立ちつくす。空から高速道路の走行音がシャワーのように降ってくる。

 歌枕を訪ねる紀行は少なくないが、本書は独特。生身の身体を使っているからだ。移動は基本的に電車であり徒歩である。日常に接している。要するに自身の身の丈を尺度として差し出し、西行を実測しようとしているのである。

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1492文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集