メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『昭和ノスタルジー解体』=高野光平・著

 (晶文社・2700円)

 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の大ヒットに見られるような、昭和ノスタルジーはいかに形成されたのか。本書は、マンガ『三丁目の夕日』の連載が開始された一九七四年から、映画が公開された二〇〇五年までの三十二年間に、昭和の愛好がどのように変化し、個人的なものが社会的なものへと育っていったかを、丹念に読み解いた労作である。

 昭和ノスタルジーは、世代によって、いくつもの曲線が複雑に交差しながら作られていった。本書が提示するキーワードは、「ニューノスタルジー」、「アナクロ」、そしてとりわけ「キープオン」である。著者によるこの「キープオン」という造語は、過去のコンテンツをいまだに面白がるという態度で、「いま」を楽しむための素材として過去があるという著者の基本的な立場をよく表した言葉だ。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです