メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚・新刊

『昭和ノスタルジー解体』=高野光平・著

 (晶文社・2700円)

 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の大ヒットに見られるような、昭和ノスタルジーはいかに形成されたのか。本書は、マンガ『三丁目の夕日』の連載が開始された一九七四年から、映画が公開された二〇〇五年までの三十二年間に、昭和の愛好がどのように変化し、個人的なものが社会的なものへと育っていったかを、丹念に読み解いた労作である。

 昭和ノスタルジーは、世代によって、いくつもの曲線が複雑に交差しながら作られていった。本書が提示する…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文477文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです