メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
もう二度と

相模原殺傷事件2年 低賃金、過酷な現場 施設職員、苦悩深く 被告の心情「分かる」自分が怖い

「日常業務に追われると利用者さんの言動が理解できない時に、思わず手が出そうになる瞬間がある」と話す障害者支援施設の男性職員=関東地方の入所施設で25日、上東麻子撮影

 障害者施設殺傷事件が起きた相模原市の「津久井やまゆり園」と同じ障害者支援施設は全国に約2500カ所あり、14万6400人以上が暮らす。施設からグループホームなどに生活の場を移す「地域移行」が進み、施設には重度・高齢の障害者が残る。人手不足の中、低賃金で働く職員たちの悩みは深い。【上東麻子、塩田彩】

 「事件の被告は絶対許せない。でも、日々の業務に忙殺されると、どこかで『気持ちは分かる』と思ってしまう自分が怖い」。やまゆり園とは別の関東地方の入所施設で働く男性職員(34)は、そう打ち明ける。

 「人の役に立ちたい」と福祉を学び、3年前から職に就いた。やりがいは感じるが、入所者の大半は最重度の…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文938文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 広島土砂災害3年 一つの墓に新婚夫婦とおなかの赤ちゃん

  2. 広島土砂災害 3年 刻む碑「三人いっしょ」 娘夫婦とおなかの命 今月、新しいお墓に

  3. しらかば帳 マンホール人気 /長野

  4. 履正社、投打かみ合い決勝へ駒 岩崎は10K・無四球完投 明石商は打線つながらず

  5. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです