特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第100回全国高校野球

広陵、夏連続出場 「甲子園から元気届ける」 広島の被災地へエール

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校野球選手権記念広島大会の決勝が28日、広島県尾道市であり、広陵が広島新庄に延長十回でサヨナラ勝ちし、2年連続の夏の甲子園出場を決めた。広陵で三塁側コーチスボックスに立った坂本連太郎選手(3年)は、西日本豪雨で多くの犠牲者、行方不明者が出た広島市安芸区矢野地区の出身。「甲子園では、どの代表チームより元気を出して頑張りたい」と胸を張った。

 広陵は部員全員が自宅を離れ寮生活を送る。坂本選手も今月6日の豪雨の後、公衆電話で家族や友人の無事を確認した。2日遅れで届いた新聞を見て、自分の近所の被害の大きさに言葉を失った。中学校で一緒だった同級生も犠牲者の一人だった。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文486文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る