メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ヒトラーを欺いた黄色い星 ユダヤ人を助けた善意あるドイツ人

 もうすぐ8月ですね。日本ならお盆に家族が集まり先祖を慰霊する月。戦争の記憶でいえば第二次世界大戦の犠牲者を追悼し、この経験を忘れてはならないと語り伝える月ですね。

 「忘れてはならない過去」には地域による違いがあります。日本で広島、長崎の悲劇が戦争の記憶の中心にあるとすれば、欧米諸国ではホロコースト、ナチス・ドイツによる大量虐殺が中心。「アンネの日記」、「戦場のピアニスト」、最近なら「サウルの息子」など、映画でも繰り返し取り上げられてきました。

 ドイツでもホロコースト映画が数多くつくられています。今回ご紹介する「ヒトラーを欺いた黄色い星」もそ…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1644文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです