神奈川

受動喫煙防止条例より厳しく 対策検討会が会合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 改正健康増進法が成立したことを受け、神奈川県が専門家や県民の代表などから意見を聞く「県たばこ対策推進検討会」の今年度初会合が27日、横浜市中区で開かれた。2010年に全国初の取り組みとして県受動喫煙防止条例が施行されたが、改正法は県条例よりも厳しく喫煙を規制していることから、整合性を図るよう条例改正を含めて検討していくという県の方針が示された。

 改正法は学校と病院、児童福祉施設などを敷地内禁煙としたのに対し、県条例は屋内のみを禁煙としている。また、改正法では客室面積が100平方メートルを超える大規模飲食店を禁煙としたが、県条例は禁煙または分煙と規定。事業用面積700平方メートル以下の小規模宿泊施設についても、改正法は原則屋内禁煙とし、県条例は禁煙または分煙で努力義務としている。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文593文字)

あわせて読みたい

注目の特集