メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転タクシー

初の客乗せ実証実験 大手町-六本木間

自動運転タクシーのイメージ=日の丸交通、ZMP提供

 全国で初めて乗客を乗せた自動運転タクシーの実証実験が、都心の公道で始まる。8月下旬から大手町-六本木(約5.3キロ)を片道1500円で営業運転する。世界屈指の交通量がある“難コース”とあって、担当者は「安全運転はもちろん、渋滞を引き起こさないようにしたい」と気を引き締める。【高橋昌紀】

 実証実験はタクシー会社「日の丸交通」とロボットベンチャー「ZMP」が、昨年6月に業務提携して準備してきた。三菱地所と森ビルが協力する。

 車両は専用機器を搭載したミニバンを使い、自動運転レベル(1~5)はアクセル・ハンドル・ブレーキを同時にシステムが操作する「レベル2」。運転席にタクシー運転手、助手席に機器のオペレーターが同乗する。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです