相馬野馬追

騎馬行列出陣 浪江町では8年ぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宵乗り競馬で先頭を争う騎馬武者ら=福島県南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地で2018年7月28日午後2時1分、高橋隆輔撮影
宵乗り競馬で先頭を争う騎馬武者ら=福島県南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地で2018年7月28日午後2時1分、高橋隆輔撮影

 国の重要無形民俗文化財の相馬野馬追(のまおい)が28日、南相馬市などで始まった。五つの郷がそれぞれの地元から騎馬行列を組んで出陣。東京電力福島第1原発事故で一時、全町避難を強いられた浪江町にも8年ぶりに、武者の勇壮なかけ声や合図のほら貝の音、馬のひづめの音が戻った。

 本祭りの29日は、同市内でのお行列に続き、雲雀ケ原祭場地で最大の見せ場、神旗争奪戦や甲冑(かっちゅう)競馬な…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

あわせて読みたい

注目の特集