メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
飼料

コンニャク廃棄物から開発 豚、ブロイラーの体重増

コンニャク芋の廃棄物で作った飼料添加用の「飛粉」を手にする石橋さん=神奈川県相模原市で、高橋和夫撮影

元東京工科大学教授・石橋新一郎さん

 神奈川県相模原市緑区相原に住む元東京工科大学教授の石橋新一郎さん(83)が、コンニャク製造・販売の「下仁田物産」(海老名市、市川市郎社長)の協力で、コンニャク製造の廃棄物で作った超微粒子の「飛粉」を利用し、体重の増加効果がある飼料を開発した。飛粉を1%混ぜた飼料で育てた豚とブロイラーはともに、通常より短期間で出荷できる体重に達することが確認され、飼料代の節約が期待できるという。

 通称「イモ玉」と言われるコンニャク芋の球茎は、内側の約60%がコンニャクやシラタキなどの原料にされ…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文773文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです