特集

LGBT 私らしく生きる

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えてきました。LGBTはレズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー(T)の頭文字をとった性的少数者を表す言葉です。誰もが私らしく生きることを認め合える社会を目指して、動き始めた人たちを取材していきます。

特集一覧

LGBT

ゲイ公表の区議が講演 多様性ある町づくりを

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
性的少数者の問題は「命の問題」と語る石川大我さん=京都府京丹後市峰山町で2018年7月14日午後1時35分、塩田敏夫撮影
性的少数者の問題は「命の問題」と語る石川大我さん=京都府京丹後市峰山町で2018年7月14日午後1時35分、塩田敏夫撮影

13人に1人はLGBT

 ゲイであることを公表している東京都豊島区議の石川大我さん(44)が京都府京丹後市で性的少数者(LGBTなど)をテーマに講演した。石川さんは「性的少数者は全人口の13人に1人の確率でいるとされる。みなさんの大切な人の中にも当事者がいるかもしれない。このことに思いを寄せ、フレンドリーな雰囲気で受け止めてほしい。そして、お互いに豊かな人生を歩んでいきたい」と語りかけた。市と市連合婦人会が人権講演会として開いた。

 石川さんは東京都生まれ。25歳になるまで自分以外のゲイと出会うことができず、「この世の中には自分のような者はいない」と思っていた。周囲からは「異常性愛者」と勝手に思われ、自分の思いとは違う「うそ」をついて暮らしてきたという。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文723文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集