メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
LGBT

ゲイ公表の区議が講演 多様性ある町づくりを

性的少数者の問題は「命の問題」と語る石川大我さん=京都府京丹後市峰山町で2018年7月14日午後1時35分、塩田敏夫撮影

13人に1人はLGBT

 ゲイであることを公表している東京都豊島区議の石川大我さん(44)が京都府京丹後市で性的少数者(LGBTなど)をテーマに講演した。石川さんは「性的少数者は全人口の13人に1人の確率でいるとされる。みなさんの大切な人の中にも当事者がいるかもしれない。このことに思いを寄せ、フレンドリーな雰囲気で受け止めてほしい。そして、お互いに豊かな人生を歩んでいきたい」と語りかけた。市と市連合婦人会が人権講演会として開いた。

 石川さんは東京都生まれ。25歳になるまで自分以外のゲイと出会うことができず、「この世の中には自分の…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文723文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです