防衛省

自衛隊に電子攻撃機の導入検討 敵の通信を妨害

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
防衛省庁舎=竹内紀臣撮影
防衛省庁舎=竹内紀臣撮影

 防衛省は敵のレーダーや通信の妨害機能を備えた電子攻撃機を自衛隊に導入する検討を始めた。攻撃と防御の両面でネットワーク化が進む現代戦への対応力を高める。しかし、電子攻撃機は政府が否定する敵基地攻撃能力の保有につながる可能性があり、「専守防衛」との整合性が問われそうだ。

 航空、海上両自衛隊は、敵の航空機や艦船が発する電波を分析する電子情報収集機と、訓練時に自衛隊機に電波妨害をかける電子訓練支援機を保有しているが、いずれも敵に対する電波妨害は想定していない。

 空自が導入を進めるF35ステルス戦闘機には一定の電子戦能力があるが、防衛省はより能力の高い電子戦機が必要と判断。開発に向け、民間企業から関連技術の説明を受けている。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文788文字)

あわせて読みたい

ニュース特集