メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風12号

西日本横断へ 被災地で2次被害の恐れ

 強い台風12号は28日、日本の南海上を北上し、勢力を維持して28日夜遅くから29日未明にかけて東海地方に上陸するとみられる。日本列島を横断するように西へ進むと予想され、大阪北部地震や西日本豪雨の被災地では2次被害が発生する恐れがあり、各地で避難所を開設。台風への警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、28日午後7時現在、台風12号は三宅島の西南西約50キロを時速約40キロで西に進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。中心から北東側130キロ以内、南西側90キロ以内が、風速25メートル以上の暴風域となっている。30日にかけて速度を落としながら西日本を西に進む見通し。

 29日にかけて東日本と西日本の広い範囲で雷を伴う非常に激しい雨が降る見込み。29日午後6時までの2…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです