メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

パーキンソン病患者の脳に移植 京大、来月1日から治験

iPS細胞を使ったパーキンソン病治療

 京都大は30日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞を神経難病のパーキンソン病の患者の脳に移植する医師主導の臨床試験(治験)を8月1日から始めることを明らかにした。京大iPS細胞研究所の高橋淳教授(神経再生学)らのチームが30日午後、記者会見して計画の詳細を発表する。パーキンソン病でiPS細胞を使った治験は世界初で、患者数人を近く募集して治験を始める。

 治験では、京大が作製・備蓄している他人由来のiPS細胞から作った神経前駆細胞を、患者の左右の脳に計…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. ORICON NEWS ラルク、全436曲&全MV51本をサブスク解禁 インスタも開設

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです