映画「ゲンボとタシの夢見るブータン」

ある家族を通した「幸せの国」の日常 ドキュメント来月公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 映画「ゲンボとタシの夢見るブータン」は、普遍的な一家族の葛藤を通じ、近代化と伝統に揺れる「幸せの国」を描写したドキュメンタリーだ。

 ブータン出身のアルム・バッタライとハンガリー出身のドロッチャ・ズルボーが監督で、「ブータンを桃源郷にするのではなく、出演者の人間性、日常の小さなドラマを探して描いた」…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

あわせて読みたい

ニュース特集