メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

ストーカーという病

 「もう相手を殺すしかない」。女性に付きまとったとして逮捕された男性(30)は、刑務所から出所しても女性への恨みを消せないで苦しんでいた。気づかれずに近づくために目を二重にする整形手術を受け、インターネットで女性のアカウントを調べて転居先を突き止めた。

 そんな時、テレビ番組でカウンセラーがストーカーへの治療の有効性を話していた。「治療し…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷被告、起訴内容認める考え 法廷に立つことは「気まずい」

  2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  3. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです