メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

明日海りお 花組公演「MESSIAH」で天草四郎役 理想求めた人々救うため

「MESSIAH(メサイア)」で主演を務める花組の明日海りお=宝塚大劇場で、梅田麻衣子撮影

 宝塚大劇場で上演中の花組公演「MESSIAH(メサイア)」で、江戸初期にキリスト教徒の農民が起こした大規模一揆「島原の乱」の総大将という事実以外は謎に包まれた、天草四郎を熱演している。今回、四郎は嵐で天草に流れ着いた海賊の首領という設定。地元の人々の温かさに触れ、やがて圧政に苦しむ人々を救うメサイア(救世主)となる成長物語でもある。

 赤毛の長髪に赤の着物が映える。普段は紺や白の洋服が多いというが、「主演(トップスター)は赤の衣装が多い。赤を着ると気持ちが前向きになるし、赤がしっくりくるようになりたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです