メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本クラブカップバレー

6人制女子 4年ぶり福井クV 平均年齢23歳 国体へ向けアタック! /福井

全日本クラブカップバレーの6人制女子で優勝した福井クラブ=宇都宮市の市体育館で、野田樹撮影

[PR]

 <デサント協賛>

     第38回全日本6人制バレーボールクラブカップ男女選手権大会(毎日新聞社、日本バレーボール協会、日本クラブバレーボール連盟主催、デサントジャパン協賛)の女子決勝トーナメントが29日、宇都宮市体育館であった。県代表の福井クラブは、準々決勝、準決勝、決勝のいずれもストレート勝ちし、4年ぶり2回目の優勝を果たした。

     福井クは、今秋開催される福井国体へ向け2013年に結成された。選手の平均年齢は23歳。練習ではブロッキングを重点化してきた。

     松下久留美主将(25)は「センターを中心とした緩急のあるプレーで、相手を揺さぶれた。優勝できたことで、国体に勢いを付けて臨める」と話し、加藤久勝監督は「サーブ、レシーブの精度が高かった。ブロックも練習成果を感じたし、混戦でも落ち着いてプレーできていた」と大会を振り返った。

     最優秀選手賞には、福井クラブの山川小百合選手が輝いた。【高橋一隆、野田樹】

     【6人制女子】

     ▽準々決勝

    福井クラブ 2 25-16 0 奔流道

            25-10   (神奈川)

     ▽準決勝

    福井クラブ 2 25-18 0 みえ高田VCsala

            25-14   (三重)

     ▽決勝

    福井クラブ 2 25-22 0 福岡春日シーキャッツ

            25-10   (福岡)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

    3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

    4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

    5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです