メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康寿命日本一へ

奈良県の挑戦/6 総合型地域スポーツクラブ 運動習慣付けに貢献 /奈良

橿原健康スポーツクラブKKSC講師として顔ヨガを指導する桝井紋子さん=奈良県橿原市の県立橿原公苑で、高村洋一撮影

 地域住民が主体となって運営し、誰もが気軽にスポーツを楽しめる「総合型地域スポーツクラブ」(以下はクラブと省略)は病気予防と健康増進に貢献するとされる。国は全市区町村に最低一つのクラブを育成したいとの目標を掲げている。県内では全39市町村で既に設立、または準備中のクラブがあり育成率は100%を達成した。会員数も過去5年間で4000人以上増えた。しかし準備中のクラブは設立にこぎつけ、活動を始めたばかりのクラブは運営を軌道に乗せるまで道のりは平坦(へいたん)ではない。【高村洋一】

 国の調査によると、昨年7月現在、全国には設立準備中も含めて3580のクラブがある。設置または準備中…

この記事は有料記事です。

残り1350文字(全文1640文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜ミク、弘前公園「公式キャラ」に登場 大型パネル前で記念撮影も
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 大阪・あいりん半世紀、秘蔵ネガ1万枚ネット公開 地元カメラマン

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです