連載

支局長からの手紙

毎日新聞デジタルの「支局長からの手紙」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

支局長からの手紙

オーテピア /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オープニングセレモニーで合唱を披露する、はりまや橋小の児童たち=高知市のオーテピアで2018年7月24日、井上大作撮影
オープニングセレモニーで合唱を披露する、はりまや橋小の児童たち=高知市のオーテピアで2018年7月24日、井上大作撮影

 県民が待ちわびた新図書館複合施設「オーテピア」(高知市追手筋2)が開館しました。ひろめ市場や中心商店街からほど近い一等地に5階建ての建物がそびえます。約205万冊の収蔵能力は中四国最大規模。高知に今春赴任した私でさえオープンが待ち遠しかった施設です。皆さんはもう足を運ばれましたか。

 24日朝の開館時には数百人が並びました。香美市の女性(71)は高知市内の孫の家に前日泊まり、一緒にやって来たと言います。照りつける日差しもなんのその。「この日をずっと待っていた」と熱く語ってくれました。館内に入ると、内装に使われた県産木材の香りが広がりました。

 延べ床面積は約2万2800平方メートル。2~4階の「オーテピア高知図書館」は、県立図書館と高知市民図書館本館を「合築」したと言います。尾崎正直知事はオープニングセレモニーで「構想から8年。大変な議論はあったが、全国初の合築により多くの経費を節約できた。それを内容の充実に充てた」と胸を張りました。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1179文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集