メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

ポリ袋「ノー」 ケニアの挑戦(その1) 「世界で最も厳しい」禁止法

再利用できる不織布に入れた野菜を客に手渡す青空市場の女性=ケニア・ナイロビで2018年7月19日、小泉大士撮影

 プラスチックごみによる環境汚染が世界的な問題となる中、東アフリカのケニアで昨年8月、「世界で最も厳しい禁止法」が施行された。対象は使い捨てのポリ袋。業者による製造・輸入・販売だけでなく、消費者らによる使用まで禁止された。施行開始から1年、どんな変化があったのか。成果と浮かび上がってきた課題を探った。【モンバサで小泉大士】

 ケニア南東部、インド洋に面した港湾都市のモンバサ。未舗装の土の道沿いにあるトタン板製の小屋や材木を…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文856文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです