メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

ポリ袋「ノー」 ケニアの挑戦(その1) 「世界で最も厳しい」禁止法

再利用できる不織布に入れた野菜を客に手渡す青空市場の女性=ケニア・ナイロビで2018年7月19日、小泉大士撮影

 プラスチックごみによる環境汚染が世界的な問題となる中、東アフリカのケニアで昨年8月、「世界で最も厳しい禁止法」が施行された。対象は使い捨てのポリ袋。業者による製造・輸入・販売だけでなく、消費者らによる使用まで禁止された。施行開始から1年、どんな変化があったのか。成果と浮かび上がってきた課題を探った。【モンバサで小泉大士】

 ケニア南東部、インド洋に面した港湾都市のモンバサ。未舗装の土の道沿いにあるトタン板製の小屋や材木を…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです