メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護保険サービス

利用中止の懸念 来月から高収入者は3割負担

 8月1日から介護保険サービス利用の自己負担が、所得の高い高齢者を対象に2割から3割に引き上げられる。厚生労働省の推計では、負担増となるのは利用者全体の3%弱の約12万人。「なぜ自分が3割なのか」との問い合わせも自治体にあり、必要なサービスの利用をやめる人が出る恐れも指摘されている。

 介護サービスの自己負担は原則1割だったが、2015年8月から一定以上の所得者は2割になった。3割負担は昨年5月の改正介護保険関連法成立で導入が決まり、社会保障費の伸びを抑える狙いがある。

 対象は利用者496万人(16年4月現在)のうち「現役並み」所得者で、単身では年収340万円(年金収…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  2. 石塚運昇さん 食道がんのため68歳で死去 「ポケモン」ナレーション 「ジョジョ」ジョセフなど
  3. 夏の高校野球 金足農、八回逆転弾 吉田14K、横浜破る
  4. 富士山測候所 日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊
  5. アメフット 日大の宮川選手が復帰を検討 チーム訪れ謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです