メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護保険サービス

利用中止の懸念 来月から高収入者は3割負担

 8月1日から介護保険サービス利用の自己負担が、所得の高い高齢者を対象に2割から3割に引き上げられる。厚生労働省の推計では、負担増となるのは利用者全体の3%弱の約12万人。「なぜ自分が3割なのか」との問い合わせも自治体にあり、必要なサービスの利用をやめる人が出る恐れも指摘されている。

 介護サービスの自己負担は原則1割だったが、2015年8月から一定以上の所得者は2割になった。3割負担は昨年5月の改正介護保険関連法成立で導入が決まり、社会保障費の伸びを抑える狙いがある。

 対象は利用者496万人(16年4月現在)のうち「現役並み」所得者で、単身では年収340万円(年金収…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです