メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

「別の保守」への道=山田孝男

 秋の自民党総裁選は、3選をうかがう安倍晋三の独走、石破茂が粘り、岸田文雄は離脱、野田聖子苦戦中--という展開。

 このレースの歴史的な意味は、挑戦者がそれぞれ派閥の伝統を背負い、<保守政治のバランス>を探っているところにある。

     ◇

 1990年代の政界再編をリードした理論家で、連立政権の閣僚だった田中秀征(しゅうせい)(77)=福山大客員教授=によれば、政治家は所属グループの「源流からの思想」に縛られる。

 政治家は「どこへ向かうか」と同時に、「どこから来たか」を厳しく問われるものだから--。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです