メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

ポリ袋「ノー」 ケニアの挑戦(その2止) ポリ袋使用、まさかの逮捕 厳罰立法、市民の怒り後押し

「プラスチック禁止に賛成」と書かれたプラカードを手に持つジェームズ・ワキビアさん=ケニア・ナクルで2018年7月25日、小泉大士撮影

 

 ケニアでは、使い捨てのレジ袋を禁止しようという動きは約15年前から起きていたが、ポリ袋の製造・販売業者など業界団体の強い抵抗によって何度も挫折してきた。

 それでも、事態は少しずつ前に動き始めた。

 中部ナクル在住の写真家ジェームズ・ワキビアさん(35)は、うずたかく積もったポリ袋やペットボトルの山に「怒り」を覚えて、以前からごみ行政の改善を主張。当初は署名を集めて地元政府に陳情していたがそれほど効果はなかった。だが、2015年から、「プラスチック禁止に賛成」と書かれたプラカードを通行人ら5000人以上に持ってもらい、その写真をツイッターなどに投稿するキャンペーンを始めたところ、反響を呼んだ。当時の環境担当相も呼応して、ツイートを転載するなどし、共感の輪が広がった。「国境を超えて世界中から賛同の声が集まった」と笑顔で振り返る。こうした市民の支持も後押しし、昨年8月に禁止法の施行に至った。

 一方で、突然の変化は市民を困惑させることにもなった。

この記事は有料記事です。

残り1903文字(全文2330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです