メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

NPO法施行20年 日本の課題は? 大学改革支援・学位授与機構特任教授 田中弥生氏

市民性高い公共空間を

 私たちは税金を払うことで公共サービスを行政から、代金を払うことで商品を市場から得ている。しかし、役所や企業の活動だけではカバーしきれない公共空間が社会には膨大に存在する。その領域を主に担うのが、市民による自発的な非営利活動、すなわちNPOだ。NPO法が施行されて今年12月で20年。その意義と課題はどこにあるのか。【聞き手・古賀攻、写真・根岸基弘】

--阪神大震災を機にNPO法が作られて20年がたちました。西日本豪雨の被災地にもボランティアが入っていますが、現状はどうですか。

この記事は有料記事です。

残り2877文字(全文3126文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです