メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

NPO法施行20年 日本の課題は? 大学改革支援・学位授与機構特任教授 田中弥生氏

市民性高い公共空間を

 私たちは税金を払うことで公共サービスを行政から、代金を払うことで商品を市場から得ている。しかし、役所や企業の活動だけではカバーしきれない公共空間が社会には膨大に存在する。その領域を主に担うのが、市民による自発的な非営利活動、すなわちNPOだ。NPO法が施行されて今年12月で20年。その意義と課題はどこにあるのか。【聞き手・古賀攻、写真・根岸基弘】

--阪神大震災を機にNPO法が作られて20年がたちました。西日本豪雨の被災地にもボランティアが入って…

この記事は有料記事です。

残り2891文字(全文3126文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 近畿、北陸、四国、九州で梅雨明け
  4. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです