メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

NPO法施行20年 日本の課題は? 大学改革支援・学位授与機構特任教授 田中弥生氏

市民性高い公共空間を

 私たちは税金を払うことで公共サービスを行政から、代金を払うことで商品を市場から得ている。しかし、役所や企業の活動だけではカバーしきれない公共空間が社会には膨大に存在する。その領域を主に担うのが、市民による自発的な非営利活動、すなわちNPOだ。NPO法が施行されて今年12月で20年。その意義と課題はどこにあるのか。【聞き手・古賀攻、写真・根岸基弘】

--阪神大震災を機にNPO法が作られて20年がたちました。西日本豪雨の被災地にもボランティアが入って…

この記事は有料記事です。

残り2891文字(全文3126文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです