メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

日本旅行(東京都)/上 細かい心配り現在も

朝鮮半島と旧満州への第1回視察団に臨む日本旅行創業者の南新助氏=同社提供

 <since 1905>

    お客様を思う心を受け継ぎ絶えずチャレンジ

     夏休みシーズン真っ盛り。家族、友人と旅のプランをあれこれ考えている人も多い。旅の楽しさは言うまでもないが、ルーツは高野山詣でや伊勢神宮参拝だったようだ。

     「赤い風船」のパック旅行などで知られる「日本旅行」は国内で最も歴史がある旅行会社だ。滋賀県草津市で1905(明治38)年、南新助氏が創業。東海道線の建設時、草津駅などの建設用地を無償提供したことから、同駅での営業権を与えられ、餅や弁当などの販売を家業としていた。南氏は各地へ参拝に出かける人々が「もっと手軽に行くことができれば」と考え、地域の人たちに高野山(和歌山県)や伊勢神宮(三重県)の参拝の旅をあっせんした。旅行業のスタートになる。

     列車の中では旅の見どころをガリ版刷りで配ったり、暑い時はスイカやかち割り、寒い時はかす汁を提供したりするなど細かい心配りをしたという。「お客様を一番に考える」会社の精神は創業当時から現在まで変わらず受け継がれている。

     08年には国鉄貸し切り臨時列車を手配し善光寺(長野県)参拝団を企画。約900人が江の島(神奈川県)、東京、日光(栃木県)、善光寺を巡る7日間の旅行を楽しんだ。口コミや宣伝用のビラなどで人が多く集まるようになり、21(大正10)年には延暦寺(滋賀県)の法要参加で5万人規模の団体旅行を実施した。超大型全国規模の団体旅行としては日本初。以後、大型団体旅行は定番になった。

     海外への旅も27(昭和2)年に始まった。京都から山口・下関を経て船に乗り朝鮮半島、旧満州(現中国東北部)を15日間で周遊。旅行代金130円は現在の約36万円に相当したが約270人が参加した。だが、戦争拡大につれ41年に営業を一時中断することになる。【小川節子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです