メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

日本旅行(東京都)/上 細かい心配り現在も

朝鮮半島と旧満州への第1回視察団に臨む日本旅行創業者の南新助氏=同社提供

 <since 1905>

お客様を思う心を受け継ぎ絶えずチャレンジ

 夏休みシーズン真っ盛り。家族、友人と旅のプランをあれこれ考えている人も多い。旅の楽しさは言うまでもないが、ルーツは高野山詣でや伊勢神宮参拝だったようだ。

 「赤い風船」のパック旅行などで知られる「日本旅行」は国内で最も歴史がある旅行会社だ。滋賀県草津市で1905(明治38)年、南新助氏が創業。東海道線の建設時、草津駅などの建設用地を無償提供したことから、同駅での営業権を与えられ、餅や弁当などの販売を家業としていた。南氏は各地へ参拝に出かける人々が「もっと手軽に行くことができれば」と考え、地域の人たちに高野山(和歌山県)や伊勢神宮(三…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです