メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/354 第9章 34=高村薫 田中和枝・挿画監修

 CCUと聞けば、雪子は即座に患者の状態を想像できる。しかし、そこに至った経緯のほうは頭が受けつけようとしない。旧友の話では、亜沙子は消灯前に胸痛を訴え、心電図検査でAMI(急性心筋梗塞(こうそく))と診断されたため、バルーンで再灌流(かんりゅう)の処置を始めた直後にポンプ失調でショック状態になった。その間わずか二十分。塩酸ドブタミンの投与を続けているが、収縮期血圧は50mmHgで回復しない。JCS(意識レベル)は300。徐呼吸。体温35・3度。冠動脈の詰まりは取れても、末梢(まっしょう)循環不全の状態が続くと、危ない。

 看護師生活三十三年の心身は、動揺はしない。孝一のときもそうだった。胃がんが肝臓や腹膜に転移して手の…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文975文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです