メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

教室にクーラー、道半ば 都道府県の格差大きく

熱中症対策で、教室のテレビを使い行われた終業式=名古屋市西区の市立なごや小学校で2018年7月20日、大西岳彦撮影

 愛知県豊田市で17日、校外学習から教室に戻った小1の男児が熱中症で死亡した。この日の豊田市の最高気温は37・3度。学校側は体調不良を訴えた男児を、クーラーのない教室で休ませていた。事故を機に保護者や識者から「教室にクーラーを」との声が上がるが、都道府県別のクーラー設置率には大きな差がある。その背景を探った。【岡村恵子、信田真由美、山口桂子】

 豊田市がある愛知県は、公立小中学校の普通教室のクーラー設置率が全国平均を10ポイント超下回る35・…

この記事は有料記事です。

残り2978文字(全文3200文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです