メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

教室にクーラー、道半ば 都道府県の格差大きく

熱中症対策で、教室のテレビを使い行われた終業式=名古屋市西区の市立なごや小学校で2018年7月20日、大西岳彦撮影

 愛知県豊田市で17日、校外学習から教室に戻った小1の男児が熱中症で死亡した。この日の豊田市の最高気温は37・3度。学校側は体調不良を訴えた男児を、クーラーのない教室で休ませていた。事故を機に保護者や識者から「教室にクーラーを」との声が上がるが、都道府県別のクーラー設置率には大きな差がある。その背景を探った。【岡村恵子、信田真由美、山口桂子】

 豊田市がある愛知県は、公立小中学校の普通教室のクーラー設置率が全国平均を10ポイント超下回る35・…

この記事は有料記事です。

残り2978文字(全文3200文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 宮迫さん、田村さん会見詳報(1)「反社会勢力なんて知り合いにおるわけない」
  4. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  5. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです