メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 猛烈な暑さが日本列島を襲い、熱中症の症状で救急搬送される人が増えている。身近な食べ物を使って、熱中症予防にお薦めの飲み物や食べ物が簡単に作れる。いろいろとアレンジして、この暑さを乗り越えたい。

 ●食べる点滴キウイ

 熱中症対策に大切なのが、こまめな水分補給だ。汗をかくと水分と同時に失われてしまうミネラルの補給にも気を配りたい。臨床栄養実践協会理事長の管理栄養士、足立香代子さんは、キウイフルーツを使った「キウイの手もみスムージー」・矢澤秀範撮影=を提案する。

 足立さんは「熱中症予防には塩(ナトリウム)が必要という理解は進んできたが、これだけでは不十分。体の中のシステムを正常に機能させるためには『糖、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム』の五つの栄養素の補給が必要です」と訴える。この五つの栄養素を含んでいるのが点滴で、近年は同じ成分を含んだ「経口補水液」が手軽に口から補給できると注目を集めている。それを手軽においしく取り入れる方法が、キウイに…

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです