メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

外国人社員の声 柔軟に吸収

果物が置かれたテーブルを囲んで話し合う社員たち

 <くらしナビ ライフスタイル>

 人手不足などから外国人労働者を受け入れる方向にかじを切った日本。今後、彼や彼女と働く機会が増えていくかもしれない。異なる文化や慣習を持つ人たちがいる多国籍な職場を訪ねた。

 そのフリースペースには、バナナやアメリカンチェリーを盛りつけた皿が置かれ、英語が飛び交っていた。ウェブサイトの多言語化を手がける「ウォーブンテクノロジーズ」(東京都港区)。アルバイトや派遣社員を含む従業員63人のうち、外国人が半数以上を占める。出身国の文化や慣習に関係なく働きやすい環境を整えようと、祝日の休みを6月から廃止した。その代わり、同じ日数を有給休暇に上乗せしている。

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文2115文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです