メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

外国人社員の声 柔軟に吸収

果物が置かれたテーブルを囲んで話し合う社員たち

 <くらしナビ ライフスタイル>

 人手不足などから外国人労働者を受け入れる方向にかじを切った日本。今後、彼や彼女と働く機会が増えていくかもしれない。異なる文化や慣習を持つ人たちがいる多国籍な職場を訪ねた。

 そのフリースペースには、バナナやアメリカンチェリーを盛りつけた皿が置かれ、英語が飛び交っていた。ウェブサイトの多言語化を手がける「ウォーブンテクノロジーズ」(東京都港区)。アルバイトや派遣社員を含む従業員63人のうち、外国人が半数以上を占める。出身国の文化や慣習に関係なく働きやすい環境を整えようと、祝日の休みを6月から廃止した。その代わり、同じ日数を有給休暇に上乗せしている。

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文2115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. NiziU、初シングルCD「Step and a step」が店頭に

  3. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  4. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです